更年期障害のあれこれ

鍼灸院での更年期障害治療

気長に少しずつ体質を改善していく東洋医学的考え

東洋医学的に言えば、全身のバランスが整えば、自然に疲労感や局所の痛みが取れるとい考えです。月経やホルモンの異常の関連諸症状は「血の道症」という解釈ですので、体の内側を流れる「気」と「血」の流れの悪化が引き起こされる症状という考えなのです。

 

更年期障害を抱えた女性

 

そこで、一度の施術ですべての諸症状を改善させるという考えでは無く、気長に少しずつ体質を改善しましょうと言うのが鍼灸治療になります。

 

例えば、更年期を迎える50歳代の女性であれば、病院に行って、CT・検便・心電図・超音波、などで検査をしても、特に異常はないと言われる場合があります。ところが不快な症状は毎日あるので、そういう人は、鍼灸院を訪れて助けを求める場合があります。

 

女性の方が更年期は、女性ホルモンの不足から来ますので、その場合、鍼灸治療では「内関」と言うツボを刺激することになります。このツボは、自律神経を安定させる働きがありるので、一人一人に合った「ツボ」の組み合わせと長年積み重ねた技術によって複合的に他のツボと連用する場合が多いようです。

 

鍼灸が苦手だなという方は、池袋 整体のようなソフトな整体で、体の自然治癒力を高めてくれる施術をしてくれる先生を頼ることをおすすめします。

 

体内の血流、気の流れを良くする

鍼灸治療での主な効果は、血流循環を良くする・気の流れを良くする・自律神経のバランスを整える・免疫力を高める・治癒力を高める・体質改善、といわれております。

 

そこで、薬による処方は、一時的には痛みが和らぐが根本的な解決には繋がらないという考えですので、あくまでも、体内の血流、気の流れに拘り、筋肉の緊張を緩め、精神的にもリラックスさせる方法を売りにしているのです。神奈川 気功治療は、本来の自分を取り戻すために、無理のないペースで改善していけると評判のようです。

 

鍼灸治療は、産婦人科の治療と違い、副作用の心配がほとんどないのですが、改善には個人差がありますので、来院される女性の中には、健康維持のための、鍼灸治療のファンも中にはいるようです。それに追い打ちをかけるように、鍼灸治療については、1996年、WHO(世界保険機構)では、 「更年期障害」「生理痛」、「生理不順」「不妊」「冷え性」などの 女性特有の症状に効果があると発表をしたこともあり、ころ情報を積極的に活用しながら営業をしている鍼灸院は多いようです。血と気の流れを良くしたい人は、一度試してから結論を出されてはいかがでしょうか。